今さら聞けないPOSレジの基礎知識

「POSレジ(POSシステム)」とは、簡単に言えば「スーパーやコンビニなどで見かけるタイプのレジ」を言います。従来からあるレジといえば、手打ち式で金額を入力したり、あらかじめ登録しておいた商品のボタンを選んで押すことで当該商品の金額が入力されるようなものでした。しかし、現在あるスーパーなどのレジは、バーコードをスキャンするだけでそれらの情報が入力できます。これはPOSシステムが持つ特徴の一つであり、このシステムを導入する大きな魅力でもあります。従来式のレジでは、チェッカーは商品知識を身に付けるとともにレジのキー配置を把握する必要がありましたが、バーコードをスキャンすれば良いだけなのでそういった訓練が必要なくなり、人件費並びに育成コストの削減が可能です。

会計処理をスムーズに行うことができる

また、混雑時などに大量の商品登録するような状況において、非常にスムーズな処理が可能になる点もPOSレジの特徴です。商品ごとのバーコードをスキャンするだけで、プラス処理やマイナス処理をする際も簡単に行えます。しかし、POSシステムを導入すればすぐにシステムが使用できるわけではありません。自社で扱っている商品のバーコード(JANコード)をあらかじめ基幹システムに登録する必要があります。既存商品を扱う場合はJANコードですが、飲食店などの場合はメニュー名や金額、その他オプションなどの情報をあらかじめ登録することになります。レジで行っていることは、登録されている情報の読み取り、呼び出しであり、登録していない情報が入っているバーコードをスキャンしても意味はありません。

さまざまな情報を瞬時に確保できる

POSレジで読み取った情報は、まずレジの画面上に表示されます。購入する商品名、個数などが表示され、同時に小計、税額、合計額も表示されるのが一般的です。会計処理を行うためには、もらった金額を入力して精算ボタンを押せばおつりの額が表示されてドロアーが開きます。また、新しいタイプでは、入金、おつりの払い出しを自動で行ってくれるものもあります。会計処理が終わると、その情報はホストコンピューターに送られ登録、保存されます。一日の取引内容、一週間の取引内容、一ヶ月、一年、五年といった期間の情報が保管され続けるため、会計処理後にそれらの情報を呼び出すことができます。何時何分に何が何個売れたのかという情報を瞬時に把握、分析データを表示することもできるので、マーケティング活動に役立ちます。