実際にPOSレジを利用している方の声

スーパーなどで利用しているレジシステム、居酒屋店などで利用しているレジシステムの中にはリアルタイムで売り上げを把握する事が出来るPOSレジを採用しているケースが多くあります。但し、スーパーで利用しているレジステムと居酒屋店で利用しているレジステムは機能そのものが異なるのが特徴です。どちらも売り上げをリアルタイムで把握する事が出来るので、お店のオーナーさんにとっては魅力的なレジシステムと言えましょう。実際に利用しているオーナーさんの声を聞く事がレジシステムの魅力を知る事が出来る、導入すべきか否かを迷っているオーナーさんへのアドバイスにも繋がって来ます。当然、新しいレジステムを導入する事になるので導入コストなどがどの位必要になるのかを声を聞く事で分かります。

スーパーなどのお店で導入するメリットとは

スーパーは食料品を中心としたお店であり、商品にはそれぞれバーコードが付いています。但し、野菜や魚などのような生鮮食品についてはバーコードを付ける事が出来ません。バーコードは食料品の外箱やビニールなどの梱包材の外側に付けるもので、魚にバーコードを取り付ける、大根などにバーコードを付ける事は出来ません。スーパーでのバーコードは価格を変動させる時には厄介なものとなりますが、バーコードに商品情報を不可していて、バーコードリーダーで読み取った時に、商品を管理するデータベース内で商品情報を検索すれば価格をレシートに印字する事が出来るようになります。スーパーなどのお店の場合はバーコードを読み取るためのPOSレジシステムが主体であり、バーコードを取り付ける事が出来ない商品についてはレジシステムの画面上で商品を選ぶなどの方法でレジ会計処理が行われています。

居酒屋店で導入する事で業務がどのように変わるのか

居酒屋店の場合はスーパーなどとは異なり、売り物そのものが異なるのでバーコードを利用したPOSレジシステムを使う事は出来ません。従業員はお客さんからのオーダーを取る時に、専用端末を利用して料理やお酒などのメニューを選ぶ事でオーダーを確定する事が出来るようになっています。専用端末はPOSレジシステムの本体と通信が可能になっているので、オーダーを受ける度にレジ会計の処理が行われる事になります。レジステムを変更すると従業員の工数が減る事になるので、最少人数だけでお店を経営する事が出来るなどのメリットにも繋がって来ます。実際に居酒屋店でこうしたシステムを導入しているオーナーさんの声を聞く事で、業務工数がどの程度削減出来るのかなどのメリットを把握する事が出来ます。