知らなくては勿体ないPOSレジ活用方法

POSレジは様々な店舗で導入されていますが、単に会計の手間を省くだけではなく、売り上げを高める効果もあります。売れ筋商品を特定することで、販売店の場合には在庫管理に役立てることができます。あるいは飲食店の場合、人気メニューを特定できるので、キャンペーンなどに活用できるようになります。またどの商品、あるいはメニュー同士が組み合わせて購入されているのかも分析することができます。このデータを使えば、単体では売れないような商品も販売数を増やすことができます。さらにリピート率の高い商品やメニューを特定させることも可能です。これはチェーン店などで活用すれば大きく売り上げを増やすことにつながります。これは来客数が少ない店舗で活用できるものと言えます。

データ分析における注意点について

POSレジの活用方法で重要なのが、データの分析です。単純に商品の販売数だけをチェックしていても、見えてこないものがあります。例えば来客数が少ない店舗では、当然ながら商品の販売数自体も少ないものです。けれども、同じ顧客が同じ商品を購入しているとすれば、それはリピート率が高いと判断することができます。つまり、その商品を他の店舗でも導入すれば、売り上げを増やすことができるわけです。ポイントカードと併用すれば、同じお客がリピートしているかどうかを確認することができます。売上を増やすためには、このリピート率が高い商品やメニューをいかに増やすかがポイントになります。そのために、POSシステムを活用すればデータ分析をすることができますし、商品やメニューを特定することが可能です。

商品やメニュー開発の役に立ちます

POSレジを活用することで、新しい商品やメニューの開発に役立てることができます。その売れ行きを分析して定番商品とするか否かを判断することができるからです。さらにどのような商品やメニューが人気を集めるのか、どのようなセグメントに支持されているのかも特定することができます。店舗によっては来店する人の属性は異なります。それぞれに適した商品やメニューを用意することで、利益率を高めることができるわけです。例えばサラリーマンが多いエリアやファミリーが多いエリアでは、それぞれ売れ筋となる商品やメニューは異なります。それを的確に判断することに役立てることができるわけです。店舗ごとに売れ筋を分析できるので、効率良く商品や食材を入荷するようにルーチンを組むことができます。