POSレジを導入するのにかかる費用

販売時点情報管理を英語に訳すと「point of sales system」などの意味になります。System以外の英単語の頭文字を取ると「POS」になるわけですが、POSと聞いてインターネットで見かけた事があると言う人は多いのではないでしょうか。販売時点情報管理、略してPOS、レジステムに使われている本体端末機器の総称をPOSレジと呼んでいます。従来型のレジステムは、金額を従業員が入力する必要がありました。入力時にミスが生じる、会計処理が多い場合には時間を要する、レジ操作を行うスタッフのスキルに応じてお客さんを待たせてしまうなど、様々なデメリットが生じていました。しかし、POSシステムによるレジステムを導入する事で、これらのデメリット解消出来るようになります。

導入するお店に応じてシステム構成が変わります

POSレジはスーパーなどのような食料品を取り扱うお店で導入事例が多くあります。スーパーの場合、取扱商品の大半はバーコードが付いていますが、バーコードには値段の情報が記載してあるのではなく、商品情報が記載してあります。白線と黒線の2つの線で構成されているバーコードは、レジステムに接続しているバーコードリーダーやスキャナーで読み取りをします。商品情報はデータベースで管理が行われており、そこには値段と商品情報が紐づけしてあります。さらに、店舗内や倉庫内の在庫品の管理も併せて行うなど、レジステムには幾つかのデータベースが構築してあるのが特徴です。そのため、スーパーなどで導入するシステムの場合は本体システムとバーコードリーダーやスキャナーシステム、情報を管理するためのデータベースが必要になります。

飲食店などではタブレットなどの端末が人気です

食料品スーパーの場合はバーコードで商品を管理する事が多いのですが、バーコードを付ける事が出来ない商品についてはPOSレジステムにタブレットメニューを構築して、画面操作で会計処理などを行う事になります。飲食店などの場合では、バーコードでの管理が出来ないため、メニューそのものを専用端末でもあるタブレットを利用して、従業員はお客さんからの注文をメニュー上で選び会計処理を行うなどのシステムになっています。バーコードそのものがないのでPOSレジシステムの導入コストは食料品スーパーと比較した場合、少ないなどのイメージを持つ人は多いかと思われますが、お店の規模に応じて専用端末の台数が多くなる、タブレットに構築するメニューの作成などの費用が別途必要になるのが特徴です。