POSレジを導入する際に注意すべき点

POSレジは、小売店や飲食店などにとって非常に便利なシステムです。POSシステムを導入することによって、販売情報の管理が一元的かつ確実に行えるようになるため、「誰でも簡単に会計処理を行える」というメリットが生まれます。バーコードをスキャンしてボタンを押すだけの簡単な作業で済むので、そのために人材育成コストを掛ける必要がありません。また、システムを通して収集した情報(販売情報)は、ホストコンピューターに瞬時に保管されます。その情報はいつでも好きなときに呼び出すことができるので、販売管理(マーケティング活動)を行う上でも非常に役立ちます。特に、売れ筋商品と死筋商品を明確に洗い出すことができるので、いわゆる「デッドストック」「商品回転率の悪い商品」をコントロールしやすくなります。

本当にそのシステムが必要な環境なのか

このように、POSレジやPOSシステムを導入するメリットは非常に大きなものですが、だからといって絶対的な価値を持っているわけではありません。POSシステムを導入することで得られるメリットは、主に「販売管理の容易性」です。たくさんの取引情報を管理する手間を省き、在庫商品の管理コストを軽減することなどが目的です。そのため、大量の取引が発生する環境、たとえば大型スーパーやコンビニエンスストア、中規模以上の飲食店などの場合は大きな効果を発揮してくれます。しかし、小規模店舗や日に数件程度の取引しか発生しないような環境においては「宝の持ち腐れ」になってしまう可能性があります。もちろん、そういった環境でも導入するメリットはもちろんありますが、「本当に必要なのか」をよく検討することが必要です。

導入コストおよびランニングコストを考慮する

POSレジを導入するコスト(導入コスト)は、少し前まで100万円を超えることも珍しくありませんでした。現在では、「タブレット端末」を使ってレジ処理を行えるようになったことなどが関係して、導入コストは実質的に0円に済ませることも可能です。導入コスト自体は大きく減少していて、その点に関するリスクは大きく減ったと言っても良いのですが、システムを使用していくためには「保持保全」を目的としたメンテナンスコスト、いわゆる「ランニングコスト」が発生します。年間数万~数十万円まで幅があり、導入時の契約内容などによって大きく変動します。また、保守の内容や契約期間によってもコストが変わるため、しっかりと計算しておかないとPOSシステムを維持するだけで大きな負担になる可能性もあります。